買取品目のご紹介ページです。ご覧下さい|古銭買取プレミアム

当店の概要や私たちができる独自のサービスについてご案内いたします。


※軍用手票・戦時債権に関しては状態などによってお取り扱いしていないものもございます。

 
 

古銭は洗ってはいけない?

古銭について調べてみると「洗うと価値が下がります」といったコメントを散見します。その一方では「美品」「未使用」など、非常にきれいな古銭に高い買取価格がつけられていたり、高評価をされていることは御存じだと思います。それはなぜでしょうか。

 
 

古銭の状態と価値の連動性

古銭の最重要事項は「製造発行された状態をいかに保っているか」です。そこに希少性や状態が加わって、評価に大きな影響をもたらします。
古銭自体がそもそもお金なので、そもそも美術品扱いをされ易い記念金貨や銀貨、大判小判等でもない限り、一度流通に乗ってしまえば後は継続的に使用されることにより汚れや傷がつき、硬貨といえども摩耗していきます。これがいわゆる「並品」の状態ですが、貨幣である以上は当然のことですし、それを踏まえて楽しむ事は十分可能です。しかしここで出てきた「美品」「未使用品」「並品」「洗浄品」。ざっくりとではありますが価値の高い順にこのように分類されています。 

未使用品 発行されてすぐ、市場に乗せられる事無く保存されたもの
美 品 流通に乗った形跡はあるが、傷や汚れ等が少なくきれいな状態の品物
並 品 発行後、流通にのり実際に使用されてきたため、傷や汚れが多い品物
洗 浄 品 使用感や汚れを薬品や外的手法で修復・クリーニングをされた品物

 
 

古銭はそのままの状態が一番価値を保つ

保有する古銭を売却するにあたり、事前に柔らかい布の端切れを使って磨くくらいであればなんら問題はありません。ですが、薬品を用いての洗浄は古銭の表面に化学変化を起こさせるために表面が摩耗し、収集家に敬遠される「洗浄品」として大きく査定評価を下げる事になります。可能性だけでいえば、たとえ古銭の専門誌を読み込んでページを繰り、あらゆるサイトを覗いて高価設定をされている物を選択して収集したとしても、それが洗浄品であった場合、下手をすると出張で行ったとある外国の狭い地域の未使用品コインの方が価格ランクとして上になる可能性もあるのです。
売却を検討するならば、敢えて手を加えること無く、そのままの状態でお電話を下さい。
東京都・横浜市・大阪市・札幌市・長崎市などなど、僕らはお待たせする時間の無いようスピード感を持って日本中を移動しています。

 
 

お問合わせ

無料出張査定のお問い合わせ、お申込みは下記のフリーダイヤルからお電話ください。 オペレーターが詳しくお話を伺います。

お問合わせ

必要事項を記入の上、【無料出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。


お名前

電話番号

郵便番号

住所

メールアドレス


上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ